審美歯科のよくある質問

歯が黄色く、とても気にしています。白くならないでしょうか?
歯の黄ばみを白くするには「ホワイトニング」がオススメです。
ホワイトニングは、特殊な漂泊作用のある薬剤を歯の表面に塗り、可視光線を当てることで変色や黄ばみを分解していくというもので、歯の表面を削ることもないため、痛みもなく短時間で手軽に白い歯にできる人気の治療法です。
ちなみに、もともと実際の歯の色は、“白”というよりもやや黄色がかった“アイボリー”に近い色をしています。また、1本の歯でも、歯ぐきに近い部分と先端とでは微妙に色が異なっていますし、「中切歯」と呼ばれる中央の歯よりも「犬歯」と呼ばれる糸切り歯のほうが、黄色を帯びていることが多いと言われています。1度で白くしたいと思う方が多いのですが、薬剤を強くしすぎれば、仕上がりも不自然なほど白くなったり、痛みや神経が炎症を起こしたりすることもありますのでおすすめはできません。クリニックで行うホワイトニングの大きな特徴は、個人差はあるものの数回の治療で、黄ばみが白くなっていくのを実感できることです。
関連:ホワイトニング
Copyright(c) Neos All Rights Reserved.