審美歯科のよくある質問

失った歯を取り戻したいのですが、どのような方法がありますか?
失った歯を補う方法は、従来は、義歯によるケースがほとんどでした。ところが、義歯をした方の多くは、硬いものがよく噛めない、装着する金具があたって痛い、話しているときに落ちるなどの悩みを抱えています。また、通常の義歯は、歯にバネを巻きつけて義歯が落ちないようにしているので、かむ時のガタつきで維持歯が徐々に弱って、いずれは抜けてしまいます。これに対して、義歯は、金属のバネを使わずに弾力性のある素材であご全体を覆うように作るというものです。従来のものよりフィット感がよいのでかむ時のガタつきが少ない上、つけ心地も快適。また金属のように目立ちません。ただし、義歯の場合、手入れが面倒だというデメリットもあります。そのため、義歯以外では、インプラントがおすすめです。歯を失ってしまった部分に穴を開け、アゴの骨に人工歯根を埋め込んで土台を作り、その上に人工の歯を被せるという治療法で、取り外しの必要がなく、自分の歯と同じような感覚になります。カウンセリング時に、どのような方法が良いのか、じっくり相談すると良いでしょう。
関連:義歯
関連:インプラント
Copyright(c) Neos All Rights Reserved.