美しい歯並びにしたいなら

自然な仕上がりを望む方に最適

金属を一切使わないのでアレルギーの心配はありません。二次的な虫歯にもなりにくいという大きな特徴もあります。

オールセラミッククラウン

歯並びや歯の色・形を整える

歯を白くするホワイトニングや歯のエステに比べ、より自然な仕上がりを望む方や、きれいな歯並びを望む方に人気が高い施術が「オールセラミッククラウン」です。

セラミッククラウンは、約1〜1.5mmほど削った歯の上に、セラミック製の歯を被せることで歯並びや歯の色・形を美しく整える治療法のことで、頑固な黄ばみや変色してしまった歯はもちろん、不揃いな歯を美しく整えることや、歯根しか残っていないケースでも治療が可能です。

セラミッククラウンには、「メタルボンド」「オールセラミッククラウン」などの種類があります。メタルボンドは、外から見える部分のみをセラミックにし、内側には金属を使用しています。そのため、金属アレルギーや、歯ぐきとの境目が黒ずむなどの心配があります。

一方、オールセラミッククラウンの場合は、金属を一切使わず、パーツのすべてにセラミックを使っていますので、金属アレルギーや歯ぐきの黒ずみなどの心配はありません。また、見た目はメタルボンドよりもさらに美しく、強度にも優れていて、二次的な虫歯にもなりにくいという大きな特徴があります。

クリニック選びで注意すること

ただし、歯の形や色などにも個性がありますので、一概に完全な歯並びが良いとは限りません。顔の輪郭や色、唇の形や色などを見ながら、他人が見て違和感のない口元に仕上げることが重要です。ですから、クリニックを選ぶときには、治療の前にしっかりとカウンセリングを行ってくれるかどうか、経験豊富な医師がいるかどうかをチェックするようにしましょう。

また、セラミッククラウンの素材にもさまざまありますので、厚生労働省が認可した体に害のない素材であるかどうか、優秀な歯科技工士が製作しているかどうかなども併せてチェックしてみてください。

Copyright(c) Neos All Rights Reserved.