最新の技術で納得の人工歯を手に入れる

失った歯を補う人工の歯

手入れが不十分だと歯槽膿漏になる可能性があるなどデメリットの多い義歯です。使用には患者の自己管理が大切です。

義歯

失った歯を補う方法

人工のもので補う義足や義眼と比較して、圧倒的に装着人口が多い「義歯」ですが、歯科疾患実態調査(平成11年)によると、65歳以上の90%を超える方が1本以上の歯を失い、85歳以上の約60%がすべての歯を失っているというデータがあります。

義歯とは、入れ歯のことで自分の歯に代わる人工の歯のことで、歯をすべて失ってしまったときに作る「総入れ歯」と、歯が残っている部分に入れる「部分入れ歯」とに分かれます。ちなみに、固定してしまう差し歯やブリッジなどは義歯には含みません。

以前は、失った歯を補う方法は義歯によるケースがほとんどでした。ところが、義歯をした方の多くは、硬いものがよく噛めない、装着する金具があたって痛い、色が不自然、話しているときに落ちるなどの悩みを抱えています。そこで、素材や装着方法などの改善が図られ、インプラントやセラミッククラウンなどが開発されました。

改良が進んでいる現在の入れ歯

また、義歯の場合、手入れが面倒だという点もデメリットとなります。寝る時には、義歯を外して歯ブラシで洗ったり洗浄液に入れて保管したりしなければなりません。また、見た目には汚れはついていないようでもカビが繁殖しやすく、手入れが不十分だと口臭や歯ぐきの痛み、味覚異常などの原因となったり、残っている健康な歯が虫歯や歯槽膿漏になったりすることがあります。

もちろん、お手入れという意味では患者さん本人の管理となりますので、どんなに優れた医師や技術があっても対応できない範囲です。ところが、通常は、金属のバネを歯に装着して義歯が落ちないようにしていますが、金属製のバネに代わり、弾力性のある素材を使いアゴ全体を覆うようにして義歯を作る方法が開発され、フィット感や噛み合わせに優れ、見た目にも違和感のない義歯が登場するようになり、従来の義歯の悩みもかなり解消されてきています。

Copyright(c) Neos All Rights Reserved.