義歯にお悩みの方にオススメ

自分の歯と同じ感覚になる治療法

入れ歯や義歯は他の健康な歯に負担がかかりますが、インプラントはそれがなく、見た目も使い心地もよいのが特徴です。

インプラント

使い心地も良い画期的な人工歯

治療のために周囲の歯を削りたくない、毎日の手入れが面倒、食事の際にしっかりと噛めない、食べ物の味がわからない、口の中に違和感があるなど、入れ歯や義歯による悩みを抱えている方は少なくありません。

インプラントは「第二の永久歯」とも呼ばれ、歯を失ってしまった部分に穴を開け、アゴの骨に人工歯根を埋め込んで土台を作り、その上に人工の歯を被せますので、健康な歯を削ることなく、入れ歯や義歯のわずらわしさや不自然さから解放される画期的な治療法です。

通常、入れ歯や義歯の場合、周囲の歯を削ったり、歯にバネをかけるため、健康な歯にも負担がかかったりします。また、徐々にバネをかけている歯も弱っていきますので、いずれは抜けてしまいます。インプラントなら、人工歯根で土台から作りますので、歯を失った部分のアゴの骨がやせることもありませんし、見た目や使い心地も良いのが大きな特徴です。

失った歯を取り戻す治療法

治療では、最初にカウンセリングを行い、次にレントゲンなどで口腔内の状態を診断し、その結果をもとに費用も含めた治療の計画を立て、インプラントのパーツを作ります。手術自体は局所麻酔をしますので、ほとんど痛みを感じることはありませんが、術後に歯を抜いたときのような鈍痛を感じることはあります。

施術の時間はインプラントの範囲により違いますが、約30分〜120分くらいになります。最初の施術では、人工歯根を埋め込み土台を作ります。その後、1〜6カ月くらいして土台が定着したところで、人工の歯を被せれば施術は完了となり、後は自分の歯と同じように手入れをするだけです。

取り外しや面倒な手入れも必要がなく、まるで自分の歯と同じような感覚になりますので、入れ歯や差し歯に違和感や不満のある方にはとくにおすすめです。

Copyright(c) Neos All Rights Reserved.