大切なのは自然な仕上がり

手軽に白い歯を手に入れたいときは

人気の治療法ですが、使用する薬剤によって効果が異なります。正式に認可を受けた薬剤を使用しているクリニックを選びましょう。

ホワイトニング

削らずに白い歯を手に入れる

気になる歯の変色や黄ばみを白くする「ホワイトニング」は、歯の表面を削ることもないため、痛みもなく短時間で手軽に白い歯にできる人気の治療法です。

歯が黄ばむ原因には、お茶やタバコ、加齢や遺伝などがあります。ホワイトニングは、特殊な漂泊作用のある薬剤を歯の表面に塗り、可視光線を当てることで変色や黄ばみを分解していきます。薬剤により無色透明になったエナメル質となり、白い歯を手に入れることができます。

ただし、ホワイトニングをしても時間の経過とともに、再石灰化によりエナメル質の色が少しずつ戻ってしまうこともありますし、黄ばみや変色がひどい場合は、オールセラミッククラウンでの治療がおすすめです。

また、各クリニックで扱う薬剤によっても、ホワイトニングの効果は違ってきますし、安全面からも厚生労働省やFDA(米国食品医薬品局)の認可を得ている薬剤を使用しているクリニックを選ぶようにしましょう。

クリニック治療の特徴

ホワイトニングには、自宅で行う「ホームホワイトニング」と歯科医師や歯科衛生士がクリニックで行う「オフィスホワイトニング」の2種類があります。

自宅で行うものは薬剤の濃度も低いため、効果が発揮されるまでに時間がかかります。一方、クリニックで行うものは、高濃度の薬剤を使い専門の医師が行うもので、短時間で強力にホワイトニングすることができます。

クリニックで行うホワイトニングの大きな特徴は、個人差はあるものの数回の治療で、黄ばみが白くなっていくのを実感できることです。1度で白くしたいと思う方が多いのですが、薬剤を強くしすぎれば、仕上がりも不自然なほど白くなったり、痛みや神経が炎症を起こしたりすることもありますのでおすすめはできません。

1回の治療は1時間〜2時間ほどです。希望の部分だけを治療することもできますので、治療時間や費用を抑えることが可能なのも特徴と言えます。また、より早く効果を期待する方は、ホームホワイトニングとの併用がおすすめです。

Copyright(c) Neos All Rights Reserved.